1月25日頃・52-04

折角「四季」のある日本で仕事をやっている皆さん!

季節の折々の説明を投稿しますので、朝礼などのネタとしてご活用ください。

経費削減ドット東京のオフィス高橋です。

《七十二候》

「二十四節気」は、半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが「七十二候」です。

<1月25日頃>【水沢腹堅:さわみずこおりつめる】

沢に厚い氷が張りつめる頃で、沢に流れる水さえも凍る厳冬ならではの風景です。

<1月30日頃>【鶏始乳:にわとりはじめて、とやにつく】

鶏が鳥屋に入って卵を産み始める頃で、本来、鶏は冬は産卵せず、春が近づくと卵を産みました。