9月1日頃・52-35

折角「四季」のある日本で仕事をやっている皆さん!

季節の折々の説明を投稿しますので、朝礼などのネタとしてご活用ください。

経費削減ドット東京のオフィス高橋です。

今日の投稿は少し長くなりますが、是非ご確認下さい。

《和風月名》

「長月(ながつき)9月」

秋の夜長を意味する「夜長月(よながづき)」の略で「長月」になりました。

また、秋の長雨の「長雨月(ながめづき)」、稲穂が実る「穂長月(ほながづき)」からという説も有ります。

 

《雑節》

「雑節」は、「二十四節気」のように中国から伝わったものではなく、日本人の生活文化から生まれた日本独自のものです。

<9月1日頃:立春から210日目>【二百十日:にひゃくとおか】 

<9月11日頃:立春から220日目>【二百二十日:にひゃくはつか】 

「二百十日」は雑節のひとつで、立春(2月4日頃)から数えて210日目の日で、毎年9月1日頃にあたります。

この頃は稲が開花する重要な時期ですが、農作物に甚大な影響を与える台風に見舞われることも多い時期です。

そこで、過去の経験から、農家にとっては油断のならないこの日を厄日として戒めるようになりました。

それは農家だけでなく、漁師にとっても出漁できるかどうかとともに、生死に関わる問題でもありました。

 

「台風」

また「二百二十日」も同様の雑節で、旧暦8月1日の「八朔(はっさく)」、「二百十日」、「二百二十日」を農家の三大厄日としています。

現在のように台風の予測ができなかった時代、人々はこの日を恐れて警戒し、風を鎮める祭りを行って収穫の無事を祈るようになりました。

 

「風祭りと風習」

農作物を守るために風を鎮めるための風祭りは、全国各地に残っています。

特に有名なのが富山市八尾町で行われる風祭りの、越中八尾「おわら風の盆」です。

独特の風情が人気を呼び、小説や歌にも数多く登場しています。

越中八尾「おわら風の盆」は、風を鎮める豊年祈願と盆踊りが融合し、娯楽のひとつとして愛しまれてきたお祭りで、300年以上の歴史があります。

坂の町・八尾の古い街並みに哀愁をおびた胡弓の音色が響き、「越中おわら節」にのせて、編み笠をかぶった男女が踊り歩きます。

誰もが楽しめる「豊年踊り」、優雅な「女踊り」、勇壮な「男踊り」があり、男女ペアで艶やかに踊ることもあります。

また、鎌が風の力を衰えさせると信じられていたため、屋根の上や軒先に鎌を取り付けたり、竹竿の先に鎌を付けて立てたりする風習もあります。

 

「防災の日」

9月1日といえば「防災の日」であることも忘れてはいけません。

「防災の日」は1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんで1960年(昭和35年)に制定されました。

犠牲者の慰霊とともに、災害に備えて避難訓練や防災用品の点検などを促す日でもあります。

「防災の日」が制定される前年には、伊勢湾台風(死者・行方不明者およそ5,100人、負傷者およそ39,000人)が襲来しています。

これをきっかけに災害対策基本法が制定されました。

関東大震災のときも、風の影響で火災が広がったそうです。

 

「防災」

こうしてみると、昔からの厄日「二百十日」は単なるの人の経験知だけではなく、近代の日本の自然災害とも深く結びついているようです。

この時期は台風被害の多い時期ですが、いついかなる時に異常気象による災害や震災に見舞われるか、現代科学の力を持ってしてもわかりません。

「防災の日」をきっかけに、非常持ち出し袋の点検や、家族との連絡方法、避難所、避難経路、家族との待ち合わせ場所など、ぜひ確認しておきましょう。

 

《七十二候》

「二十四節気」は、半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが「七十二候」です。

<8月28日頃>【天地始粛:てんちはじめてさむし】

天地の暑さがようやくおさまり始める頃です。「粛」は縮む、しずまるという意味です。