「社長にしかできない経費削減のリーダーシップ」4-4・24-21

経費削減と省エネをダブルで実現できる商品とサービスを提供しています「経費削減ドット東京」のオフィス高橋です。

毎月の支払いを減らしたいと思っている、社長さん・店長さん・経理の責任者の方へ、「経費削減の運用方法」を、「毎週水曜日」に投稿しますので、是非ご参考にして頂ければと思います。

『社長にしかできない経費削減のリーダーシップ』4-4

<本来経費として認めがたい無駄使い>

本来経費として認めがたい無駄使いの改革についても、ダメ社員をクビにするなどといった決定ができるのも社長だけです。

社長はそれらの無駄遣いの慣習、悪しきルールとのものを壊して再生するのが本当のやるべき経費削減なのです。

これらの「社長にしかできない本当の経費削減」に共通する事は、会社の将来を近視眼的にではなく、大きな戦略的視野で俯瞰して見る事です。

見えてくる経費削減に関して、抵抗を恐れずに大胆に経費を削減していくのが社長の役目ですので、社長自身が近視眼的に「経費削減ゲーム」に乗っかって、

・グリーン車を使うのを止める。

・社長室の冷房を切る。

・経理部長と一緒に経費削減について頭を抱える。

等はナンセンスです。

その事に早く気が付き、大胆な経費削減戦略を立てる事ができたら、どうやってそれを現場に浸透させていくかが大切になってきます。

経費削減を実行する場合には、できる事を現場が率先してやる、しかし近視眼的にならず他の会社をベンチマーキングして取り入れてみたり、社長にはより大きな経費削減の戦略を考える事などが大切です。