10月8日頃・52-41

折角「四季」のある日本で仕事をやっている皆さん!

季節の折々の説明を投稿しますので、朝礼などのネタとしてご活用ください。

経費削減ドット東京のオフィス高橋です。

《二十四節気》

太陽が移動する天球上の道を「黄道(こうどう)」といい、「黄道」を24等分したものが「二十四節気」です。

<10月8日頃>【寒露:かんろ】

草木に冷たい露が降りる頃という意味です。

秋の長雨が終わり、ぐっと秋が深まります。

稲刈りが終わるころで、その他の農作物の収穫もたけなわとなります。

また、北の方から紅葉の便りが届きはじめます。

 

《七十二候》

「二十四節気」は、半月毎の季節の変化を示していますが、これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが「七十二候」です。

<10月8日頃>【鴻雁来:こうがんきたる】

雁が渡ってくる頃で、清明の時期に北へ帰っていった雁たちが、再びやってきます。

<10月13日頃>【菊花開:きくのはなひらく】

菊の花が咲き始める頃です。

旧暦では重陽の節供の時期で、菊で長寿を祈願しました。